会社を知る

これが私の仕事です

店長として店舗の売上管理・
スケジュール管理など
店舗運営をしています。

店長として店舗の運営をしています。
売上の管理、スタッフのスキルチェック、教育、スケジュール管理、顧客管理、品質管理、経理業務等、幅広い仕事をしています。当然、自ら接客対応や整備のフォロー等を行う事もありますが、主にはスタッフに仕事をやらせる事が仕事です。

決められたルールや業務をキチンとスタッフにやらせる事が店長としての仕事だと思っています。

また、スタッフがお客様と最前線でどのような話をしているのか?を確認しアドバイスをしていく事も重要な仕事です。お客様に喜んでもらえるためにスタッフを教育し、様々な経験をさせていきます。

その中でスタッフに成功体験を積ませる事でスタッフ自身の成長をさせていく事が1番大切な事だと思っています。

入社後一番うれしかった体験は何ですか?

成功体験の中でスタッフが成長していくのが
何よりの喜び。

店長になるためには、様々な経験やスキル、知識が必要です。
店長になるまでに自分もスタッフと一緒に最前線で接客対応や整備を行ってきました。

しかし、店長になると今までと180°違う立場になります。
今まで自分がやってきた事をスタッフにやらせる側になります。自分が動いて仕事をこなす事は簡単ですが、他人を動かして仕事をこなしていく事は簡単ではありません。ただ指示や命令をするだけではスタッフは動いてくれません。

スタッフに合意、協力してもらう事で成果を生み出す事ができます。
簡単な事ではないだけに自分自身がリーダーシップを発揮し、スタッフ全員を導き店舗全体で大きな成果を生み出す事ができた時の達成感や喜びは店長にしか味わえません。そして、そのような成功体験の中でスタッフ成長していくのが何よりの喜びです。

なぜサカイモーターに入社しようと思ったんですか?

技術面と経営という両面を身につけながら
仕事ができると思いました。

まず浜松に来たいという気持ちがありました。
サカイモーター以外にもディーラーも受けました。ただ、その場合、普通の営業職での採用だと言われました。昔から整備に興味がありましたが専門学校には行きませんでした。私は大学卒業という経歴を生かしながらも車の整備に興味があったんです。

この会社は大卒が求められる会社で、幅広く経営の知識も身につけられるという部分やパンフレットを見た際に社長の考え方に共感できたので入社試験を受けました。面接の際にも、ここなら専門学校行って無くても大丈夫で自分がやりたかった技術面と経営という両面を身につけながら仕事ができると確信し、入社を決めました。

入社後、いろいろ経験してステップアップしていきます。まずはどんなことでもひとつひとつやっていくことが大切だと思います。正直、つらい事や面倒くさいこともたくさんあります。しかし、経験していくことでこそ、仕事を覚えていきます。そして、その経験が多いからこそ大きなステップアップができます。

社会人になってからの方が勉強する事が多いと私は社会人になって感じました。
本当に勉強しないといけないのは社会人になってからです。社会人になってからの方が人生長いのですから。とにかく続けていくことが大切です。一緒に頑張りましょう。